昨日、衝撃的な本に出会いました!!

蒼路の旅人は

あっ!
っと言う間に読んでしまい・・・

ONE PIECEに戻るか
竜馬がゆくに戻るかって最中

脳神経外科医の林成之先生の
「脳に悪い7つの習慣」
って本に出会い
一気に読んだんですが・・・

これが凄い!

衝撃でした(@。@)


小さい頃の自分に
置き換えて考えたら・・・

確かに勉強が出来た頃の自分と

落ちこぼれた自分の環境は
まさにその通り!!

だから
こんなおとっちが

完成したんやぁ~(;。;)


で!
賢い子供を育てるには
そうすればエエんやぁ~(^^;)

って気が付きました!!


良く
愚痴を言わず
明るくポジティブに生きれば
幸せだ!

みたいな事を言われても・・・

そんなん出来ません(>。<;)

って斜に構えて思ってましたが・・・

脳って
こんな仕組みで
こうなっているから
愚痴を言わず
ポジティブに考えるのは
脳科学的に
根拠がある!

って具体的に説明されると
単純おとっちは
信じます(^^;)


早速

読んで内容を
陽太朗に置き換えて・・・

最近の口癖は
気に入らない事があると

「アカン!アカン」

と泣きながら連呼(>。<;)



例えば
食事の用意をしている時

ごはんとお箸が先に食卓に並んでたら

陽太朗はお箸をもって
ご飯のお茶碗に

ブスリ!

躾を考えたら・・・

小さいうちから・・・

って思って・・・

「ダメ!」

って怒ってました・・・


でも
これは集中をしている陽太朗の
集中力を高めるチャンスなのに
おとっちが潰してる?

だから・・・

E味Cと話しをして
出来るだけ
そうならないような
環境にする事に
僕達が努力をしよう!!

って事にしました。

ごはんの用意は一気にして
お箸は最後!

みたいな感じ~(^^;)

これが良いかは
分かりませんが

陽太朗が泣きながら

「アカン!アカン!」

と泣かないようにする努力です!!




もうひとつの
最近の陽太朗・・・

朝の5時半頃から起きて
リビングを指差し

「こっち!こっち」

と泣きじゃくり・・・

これも
陽太朗が
集中して楽しく遊ぶ
チャンスなのかも?

だから今朝・・・

5時45分に起こされた
おとっちは
「父ちゃんが連れて行ってあげよう!」
とリビングに連れ出し

頑張って
絵本を読んであげたのでした(^0^)V


そうそう
こうした訳は
もうひとつ!!

子供はお母ちゃんを好きになるのは自然ですが・・・
父ちゃんを好きになるのは自然では無いそうなんです・・・

だから努力が必要!!って(>。<;)

最近
陽太朗ランキングで
ジイジより下であろう
おとっちの
努力はこれからも
続くのであった(^^;)

ではでは!

コメント

おとっちぃ~

3対8から大逆転するのも、脳に刺激が与えられていいんじゃない!?

朝、携帯サイトを見てビックリしたって(οдО;)っていうか、意味がわからなかった(;^_^A

“球団史上最多の22点”って。
途中まで大差で負けてたじゃん…って。。。


いや余談でした。
いい本はわかるけど、内容が全く伝わってこない(^m^)
自分で買って読むか!!

プレゼン下手でスミマセン(^^;)

昨日の阪神は凄かったですよ!!
気持ちよかった!!
久しぶりの勝ちでしたからね(^^;)

今日からがまた
楽しみになりました!!


プレゼン下手のおとっちですから・・・

本の内容を伝えられなくてスミマセンm(_ _)m

この本と講演会のビデオ1本を見たので
凄い情報量・・・

それをマトメられませんでした(^^;)

感動したのは・・・

科学的に脳は
行動を好きか嫌いかの判断を無意識でし
好きと判断した事は苦にならず
ドンドン記憶をし

嫌いと判断した事は記憶出来ないし・・・
しんどくなるし・・・
出来ても4日以上は残らない!!って事。

今までのおとっちは
真面目にコツコツって
何事に置いても大事って思ってましたが・・・

真面目にコツコツって
自分を守りながらしている事なので
賢くもならないし成長もしないって事とか(>。<:)

その他
北京オリンピックで日本の水泳が強かった理由とか
柔道で柔ちゃんが負けた理由
マラソンの高橋尚子が金を取れた理由
イチローがWBCで打てなかった理由とかとか
(これは本だったかビデオだったか忘れましたが・・・(^^;))


なんと言っても
一番この先生が好きだ!!

と思った理由は

おとっち大好き
イビチャ・オシムが後遺症も無く
復帰出来たのは

この林先生が見つけた
脳低体温療法のおかげだ!!
と聞いたからで~す(^0^)V


こんだけ書いても
きっと良さは伝わらないですよね!!

是非読んでみてください!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)